冬になぜ太る?原因と対処法は!?

冬も本格的になり、あちこちでインフルエンザも耳にするようになりました。

寒くてついつい運動もしなくなるこの季節、皆様いかがお過ごしですか?

冬太り、正月太りという言葉があるように、
冬は太りやすいというイメージがありますよね。

その原因や、対策について調べてみました。

●冬はなぜ太る?

1.イベントごとがたくさん

冬にはクリスマス、忘年会、お正月、新年会、バレンタインなどなど、

楽しいイベントが短期間でやってきます。

しかも、お鍋、おでん、お節料理など冬に食べる料理もたくさん。

そして年末年始は冬休みの人が圧倒的多数。

食べて、飲んで、寝ての繰り返し。

ついつい気が緩んで暴飲暴食してしまう人も多いのではないでしょうか?

 

2.冷え症

冬は寒さとの戦いです。

寒さで冷え症が悪化すると、血液循環が悪くなり、体の基礎代謝がわるくなります。

よって、脂肪は燃えにくくなり、リンパも流れにくくなるので、

体内に蓄積されるのです。

 

3.運動から遠ざかる

冬になると、運動する機会がぐっと減ります。

外が寒いと、なかなか運動する気にならないのではないでしょうか?

ついつい怠けがちになる人も多いかと思います。

 

 

●冬太りの予防方法とは

 

1.体を冷やさない

白湯などを飲んで、体をできるだけ冷やさないようにしましょう。

白湯にはダイエット効果、冷え性改善、さらには便秘解消の効果もあるみたいですよ。

 

2.体を動かす

ジムに行ってエクササイズとは言いません。

普段使用しているエレベーターやエスカレーターを、階段にするだけでも違います。

また、時間があるときは一駅歩いてみてはいかがですか?

 

3.半身浴

半身浴にはダイエットや美容効果が高いと言われています。

そして体も芯から温まります。

お家で気軽に始められることもポイントです。

 

4.胃を休めることも大事

飲み過ぎ、食べ過ぎと思ったら、次の数日は胃を休めることも大事になってきます。

ちなみに正月明けの1月7日の朝には、七草がゆを食べるという伝統があります。

これは正月中に食べて飲んだで弱った胃を休める為とも言われています。

 

薄着の季節になってからあわてても遅いですよ。

体調管理をしっかりすると、カゼもひきにくくなります。

寒い冬を乗り切りましょう!

投稿者: jp-grace54

Grace専属ライターです。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す