うっかり日焼け?おすすめのアフターケアと対処方

いよいよ夏も真っ盛り。外へお出かけ、海、プールとアクティブに外で過ごすことが多くなると思います。

そこで天敵が日焼け。日焼け止めの塗り忘れなどで、うっかり日焼けしてしまったことはありませんか?

赤くなった日焼けは目立つし、ヒリヒリして痛い、シミが心配・・・などなど。

日焼けは肌がやけどしている状態なので、しっかりケアをしないと、

肌が汚くなったり、シミの原因になる可能性があります。

そこで、今回は日焼けしてしまった後のアフターケアと、

日焼けしたときにたっぷり使えるコスパアイテムをご紹介いたします。

 

日焼けをしてしまったら・・・?

1.とにかく冷やす

日焼けをうっかりしてしまったら、まずはすぐに冷やすことが大切です。

日焼けは肌がやけどしている状態です。

炎症が起きているので、すぐに冷やして火照りを取ることが一番重要です。

そのままにしておくと腫れることもあるので、とにかくまずは冷やしましょう。

・保冷ジェルを当てる

・冷たいシャワーを浴びる

このとき肌をこすったり、たたいたりして皮膚に負担をかけないよう気をつけましょう。

 

2.とにかく保湿する

クールダウンしたあとは、化粧水を使ってとにかく保湿しましょう。

日焼後の肌は紫外線によって、肌の水分が奪われ干渉している状態なのです。

保湿化粧水をいつもの2~3倍の量を使用し、手でぎゅっとしながらたっぷりなじませてください。

この時ついつい美白系化粧水を使いたくなりますが、日焼け直後の肌には刺激が強すぎるので、

数日後肌の状態が落ち着いてから使用してください。

日焼け直後の《ほてり肌》に効く化粧水はコチラ!

大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

140g 1,000円 (税抜)

・ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)

500ml 650円 (税抜)

・資生堂 カーマインローション

260mL 350円

どれもお手頃価格でたっぷり惜しみなく使えるのもうれしいポイント。

化粧水をたっぷり使用した後は、乳液やクリームなどの油分でうるおいが逃げないようにしましょう。

日焼け後の肌は乾燥しやすいものです。

しっかりと保湿しましょう。

 

3.とにかく水分補給する

日焼けの後は、肌だけでなく体内の水分も不足しています。

水やスポーツドリンクなどを飲んで、体の内側からもこまめに水分補給しましょう。

体内の水分量が上がり、肌の保湿にも役立ちますよ。

 

効果的なアフターケア方法を知れば、紫外線ダメージを最小限に抑えて美白を取り戻せます。

夏の紫外線ダメージを持ち越さないよう、今のうちに正しい日焼け後の肌ケアを心がけましょう。

投稿者: jp-grace54

Grace専属ライターです。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す