今話題の透明飲料はなぜ増える!?

コンビニでよく見かけるのが、透明飲料。

最近どんどん増えてきてますよね。

なぜなんでしょう?透明なのに味がする・・・という不思議。

透明じゃなくてもいいんじゃないって思うのは私だけでしょうか?

そんな疑問について調べてみました!

 

ノンアルコールビールまで 透明な飲み物増加 なぜ?

「透明な○○」が増えた理由としては、まずメーカーが意外性で話題になることを狙ったから。例えば、コーラ。コーラと言えば、誰もがあの黒いシュワシュワを思い浮かべるけど、それが透明になると、「それって、ただサイダーじゃん!」とか「あの味はどうなる?」とか、いろいろ気になって話題になる。

飲み物そのものが透明で色がついていないと、職場からプライベートまで場所を選ばず、どんなファッションにも合わせられる。メーカー風にいうと飲むシーンを広げることができるということね。

カフェラテや紅茶の場合は「白い歯」への配慮もあるわね。最近は、歯のホワイトニングをしている人も多く、コーヒーや紅茶が好きでも歯に色がついてしまうことを気にするケースも。透明ならば、それの心配もなく飲めるというわけね。若い女性を中心に受けているみたいよ。

参考サイト

https://www3.nhk.or.jp/news/special/sakusakukeizai/articles/20180612.html


 

 

「透明飲料」は「日本の闇」を反映していると話題

“透明だから会議とか学校に持ち込める!って人にはとてもいいかも ”

“私は実際100年続いた会社の支社で働いていた時、やはり確かに透明な飲み物は重宝した ”

“公共機関の窓口で働く人たちに対して「仕事中に職員がジュースを飲んでいる」という苦情が来るって聞いたことがあるもんな。透明飲料の需要ってそういうことなのか… ”

“小中学生が水筒に入れて学校へ持って行ってもバレないなんてツイートもあって、そっちの可能性もあるのか…大人も子供も大喜びやん… ”

“水、お茶、コーヒー以外の飲み物飲んでると白い目で見られるからそれを回避するニーズがあると聞きまして。日本の闇が生み出した恐ろしい飲み物”

“どう考えても透明飲料を開発するよりもジュースが飲めるような環境を作る方が重要だろうけれどそれが出来ないのが日本の闇なんだろうな… ”

参考サイト

http://www.standby-media.jp/case-file/171857


 

「ジュースは恥ずかしい」と「健康志向」

「透明飲料には『カロリーゼロ』の商品が多く、人工甘味料が使われているので、個人的にあまり好きではないのですが……」

と断った上で解説頂くのは、清涼飲料水評論家の清水りょうこ氏である。

「まず、“色のある飲み物は飲みにくい”というシチュエーションのためでしょう。会社員の夫に聞くと、職場ではあえて透明飲料を飲んでいる人がいるそうです。なんでも『会社でジュースを飲んでいると恥ずかしい』という意識があるとか。その点、ラベルを剥がしてしまえば、透明飲料は水にしか見えませんからね」(同)

ジュースを飲んでいてクレームを受けた、という自治体職員の話を紹介していた。

参考サイト

http://news.livedoor.com/article/detail/14855578/


 

私も昨日ついに、コカ・コーラ クリアを買って飲んでみました!

炭酸がすごくきいてて、味はいつものコーラ+レモンでした。

可もなく不可もなく・・・

またコーラを買うときはいつもの色のついたコーラを買うと思います。

みなさんはいかがですか?

投稿者: jp-grace54

Grace専属ライターです。 よろしくお願いいたします。

コメントを残す